VIO脱毛の基礎知識

VIO
VIOとは、要は女性のアンダーヘアのことで、デリケートゾーンとも呼びます。

 

最近はVIO脱毛をする女性が増えてきました。

 

今となればアンダーヘアを処理していない女性の方が少なくなってきたように思えます。

 

そんなVIOを、みなさんはどのように処理しているのでしょうか?

 

処理の方法は、脱毛サロンや脱毛クリニックに通っている人や、ブラジリアンワックス、自己処理など様々です。

 

しかし自己処理やブラジリアンワックスは、黒ずみの原因になったり、ニキビや肌荒れの原因となってしまうのであまりオススメはできません。

 

やはりプロにお任せした方がスムーズでなおかつキレイになるので、そちらの方が確実に脱毛できます。

 

ですが光脱毛やレーザー脱毛は、形のやり直しがきかなくなるので、そういった面では慎重にしていく必要があります。仮にVIOすべてを脱毛した場合はもう生えてこないわけですからね。

 

後悔しないためにも少しずつ脱毛していく方が安心です。

 

VIO脱毛って痛い?

痛い
正直言ってかなり痛いです(泣)

 

ワキの毛と同様で、一本一本の毛が太くしっかりしているため、痛みもそれなりに強いです。

 

光脱毛よりもレーザー脱毛のほうが痛みが強いと言われています。

 

光脱毛は、輪ゴムでパチンと弾かれるような、あの地味に痛い感じです(笑)
ですが出力はそこまで強くないので、我慢できないほどの痛みではありません。

 

レーザー脱毛は、脱毛器の出力が強く、集中して熱があたるため、痛みを感じやすいと言われています。中には痛みに耐えられなくて途中でやめてしまう人も・・。

 

しかしどうしても耐えられないという人は、麻酔クリームなどの痛み止めを塗ることで、痛みを軽減しながら脱毛することも出来ますよ。

 

無理はしないでくださいね。

 

VIOの施術はどんな感じでするの?

四つん這い

 

脱毛サロンや医療クリニックに行った際、施術の体制VIOそれぞれの部位で少しずつやり方が変わってきます。

 

サロンやクリニックによっても違ってきますが、専用の紙パンツを着用するところと、何も履かないところとあるようです。 
Vライン脱毛のやり方は、仰向けになって少し足を開いた状態で行います。

 

紙パンツからはみ出した部分を脱毛するのが一般的ですが、脱毛範囲によってはずらしたりして調節します。

 

Iラインの脱毛のやり方も、仰向けになって左右の足を片方ずつくの字に曲げた状態で行います。

 

紙パンツ着用の場合はずらしながら施術していくので、スタッフにデリケートな場所を見られることはないですが、未着用の場合はスタッフの目に入る可能性が高いです。しかし相手はプロなので、全く気にしていませんよ!

 

Oラインはうつぶせになって施術を受けるところが大半です。

 

中には四つん這いになったり、横向きになって行うところもあるみたいです。少し恥ずかしいですね。

 

このような感じでVIO脱毛は行われています。最初は恥ずかしいですが、慣れてきたら気にならなくなりますよ。